メニューを表示する
美味しい卵の通販、至福の卵黄身の余韻オンラインショップ

通販で生みたての美味しい卵を手に入れよう! 白色とオレンジ色の卵の違い

生産者のこだわりがつまった美味しい卵をお探しでしたら、至福のたまご 黄身の余韻 オンラインショップの通販をご利用ください。オレンジ色に輝く生みたての美味しい卵をお届けいたします。通販では、実際に商品を見て買うことができない分、鮮度などに不安があるという方も多いようです。そこで今回は、美味しい卵を通販で見分けるコツをご紹介します。

通販で美味しい卵を見分けるコツ〜賞味期限と産卵日のチェックが大切!〜

賞味期限のシールの付いた卵

通販で美味しい卵をお探しでしたら、卵の賞味期限と産卵日をチェックする習慣を身につけましょう。同じ卵でも、生みたての卵と出荷から時間がたって賞味期限が迫った卵では味が違います。そのため、美味しい卵を食べたいのなら、まず何よりも卵の鮮度に気を配る必要があります。賞味期限がいつなのかはしっかりチェックするようにしましょう。

そして、卵の鮮度にさらにこだわりたい場合は、「産卵日」を確認することをおすすめします。スーパーや通販で売られている多くのパック入りの卵は、その卵が産まれた日付ではなくパックに詰めた日付を記載しています。卵の鮮度をより正確に知りたいときには、卵が産まれた日付である「産卵日」を確認することが重要になります。

「オレンジ色」=「生みたての美味しい卵」は間違い?

生卵をつかむ箸

世間ではオレンジ色の卵が生みたてで美味しい卵というイメージが浸透していますが、実はそれは間違いだということはご存知でしょうか?

スーパーで卵売り場を覗いてみると、卵の殻の色には白や赤などいくつかの種類があることが分かります。また、割った卵の黄身の色にも濃い・薄いが存在します。殻と黄身、どちらも濃い方が何となく新鮮で美味しいような気がするという方も多いのではないでしょうか?

しかし実は、このイメージは大きな間違いです。卵の殻は卵を産んだ鶏の種類によって、黄身の濃さは飼料によって変わります。例えば、パプリカなどオレンジ色の飼料を与えれば、濃い黄身の卵を産むというわけです。そのため、美味しい卵を選ぶのに卵の殻と黄身の色は関係ありません。それよりも大切なのは、卵の美味しさや鮮度に対する生産者のこだわりです。

通販で美味しい卵を選ぶ際には、鶏の生育環境や衛生管理などにこだわりをもって育てられた鶏が産んだ卵を選ぶようにしましょう。

通販で購入した卵が割れていたらどうすれば良いの?

通販で商品を購入するときに付き物なのが、移動中の衝撃による破損。運送会社も丁寧に運んではいますが、それでもトラブルは発生します。とくに卵は割れやすい商品なので、通販でせっかく美味しい卵を購入しても、届いた時には割れていた……なんてことも残念ながらありえます。

実は卵は日持ちする食べ物で時期によっては、賞味期限が二カ月近くもあります。しかし、殻が割れたりひびが入ったりして無菌状態でなくなっては安全性を大きく損ねてしまいます。そのため通販で卵を購入する際には、殻が割れていないかをチェックして、割れていた場合は次のような対応をしてください。

1〜2個ひびが入っていた場合

割れていた卵は過熱して使いましょう。

3個以上の卵にひびがある&完全に割れている卵がある場合

購入した業者に問い合わせて再送してもらいましょう。完全に中身が出ているものなどは過熱しても食べない方が無難です。

生みたての美味しい卵をお求めの方は至福のたまご 黄身の余韻 オンラインショップの通販へ

卵は多くの料理で欠かせない材料です。通販で卵を購入する際には、以下のポイントに着目して素敵な食生活をお過ごしください。

  • 賞味期限と産卵日
  • 飼料や生育環境、衛生管理など生産者のこだわり
  • 届いた卵が割れていないか

生みたての美味しい卵をお求めの方は、至福のたまご 黄身の余韻 オンラインショップの通販をご利用ください。機械に頼らず、毎日人の手を入れ愛情を込めて育てた卵はそのままでも濃厚で美味しいと、ご好評を頂いている自慢の卵です。ぜひ一度お取り寄せください。

美味しい卵を通販でお探しなら至福のたまご 黄身の余韻 オンラインショップ

サイト名 東海林養鶏場
住所 〒013-0101 秋田県横手市平鹿町上吉田竹原50
TEL 0182-24-0511
URL https://shoji-egg.com/